バイアグラ、レビトラ、シアリスという3大ED治療薬について

バイアグラとの運命を感じてはや3週間以上経過しています。

 

あれから、変わったのは昔の自分が想像することさえなかった今のわたしの姿。

 

あいかわらず、行動力はのびにのびED治療薬のことについては、ほとんど知らない事はなくなったと思います。

 

そんなに自慢になることではありませんが、それでもここまでわたし自信が行動に移せるようになった事をほめてあげたいです。

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスと代表格の3種類。

そして、それにつらなるジェネリック薬品のかずかず。

 

わたしは今ED博士と呼ばれても名前負けしないのではないかと思います。

 

そんなわたしがただの自慢の為だけに調べて分かってきた事を、文章にしていきたいと思います。

ちなみに、最近はシアリスのジェネリックであるタダシップもよく利用しているのですが、その際にこちらの「タダシップ通販@GO NOW」というサイトがかなり役だったので、よかったら目を通してみてくださいね。

 

 

バイアグラは前も説明してので、とても簡単に説明します。

バイアグラは、世界ではじめて1998年に販売を開始したED治療薬です。

 

もともと狭心症の治療の為に、開発が進められていましたが、テスト段階の時に副作用で勃起の作用があることがわかり、それからは勃起不全の治療薬へとシフトチェンジしました。

 

バイアグラの主成分がシルデナフィルといいます。

この成分には血管を拡張させる作用がありますが、その効果が男性の勃起作用に影響を与えるとは思ってなかったらしく、たまたま発見したといっても過言ではないでしょう。

 

要するに、バイアグラは予想外の結果から生まれた、まったくもってのイレギュラー品となります。

 

しかし、現在では、最も早く、世界で一番にできたバイアグラは信頼度、認知度ととても世間に浸透しています。

 

バイアグラのジェネリックにはカマグラゴールドやペネグラ、カベルタなどがあります。

 

二番目に発売されたのがレビトラです。

レビトラは、バイアグラの欠点を補う為に開発されました。

 

バイアグラは、空腹のときに服用しないといけません。食事にすごく影響されるからです。一方のレビトラはそこの欠点を少し改善することができました。なので、レビトラは食事の影響を受けにくく、ある程度の量なら食事した後に服用しても、効果をえることができますが、最大限の効果を発揮したいと考えるのであれば、バイアグラ同様に空腹の時に服用する事をオススメするようです。

 

また、バイアグラよりも即効性の早く、効果も強いのが特徴になります。

10㎎のレビトラで最大6時間、20㎎のレビトラで継続時間は最大で10時間になりますので、その点においてもバイアグラより優れていると言えるんじゃないですか?

 

現在、国内で販売されているレビトラは、5㎎、10㎎、20㎎の三種類になりますが、特に違いがあるわけではありません。単純に成分の量の違いだけになります。

 

選ぶ際には、単純に効果時間がながいから20㎎を選ぶのはやめた方がいいです。

量が多いということは、副作用である、頭痛やめまい等が強く表れる可能性もあるということです。体長の変化に合わせて使い分けてください。

レビトラのジェネリックには、バリフなどがあります。

 

そして、最後に発売されたのがシアリスというED治療薬です。

先に販売された他の2つよりも、効果時間が極めて高いというのが最大の特徴です。

シアリスは2003年に発売され、認知度はそれほど高くありませんでしたが、今では効果時間の長さや、便利性が他の2つより高く人気になっています。

 

世界で一番つかわれているのは、今ではバイアグラではなく、シアリスという人さえ出ているほどです。

 

また、バイアグラよりもレビトラ、レビトラよりもシアリスと食事の影響を受けにくくなっております。

 

そして、この持続時間。他の2つよりも3倍以上の最大で36時間も持つことには驚きです。

それを可能にしているのはシアリスの主成分です。

 

タダラフィルと言われる成分が使われており、この成分は溶けにくいのが特徴です。

それにより、食事の影響を受けにくく、持続時間も長いのです。

 

シアリスのジェネリックには、先ほど紹介したタダシップや、メガリスなどがあり、こちらは大変人気となっています。

 

海外にいたっては、ウィークエンドピルとよばれ日本よりもだいぶ愛用されているようです。